ニュース

藤原 有二 展 -Yuji Fujiwara Solo Exhibition-

藤原 有二 展 -Yuji Fujiwara Solo Exhibition-

  藤原 有二 展 -Yuji Fujiwara Solo Exhibition- 2020.7.11(土)- 7.19(日)12:00-19:00(最終日は18時閉店となります。) @wad+ 藤原さんは昨年まで北海道の旭川近郊の山で野菜を育て、その土で器を作陶されていました。昨年、生まれの地 伊賀に戻り、産地の焼き物ではなく、自ら土を探して薪の窯をこしらえ自身のやきものを追求されています。当店での個展は今回が初めてになります。土味と造形はとても素朴ながら力強い作品を作られます。是非手に治めてご覧いただけたらとおもいます。  wad 小林剛人  

Read more →


花岡 央 展 -Hiroi Hanaoka Solo Exhibition-

花岡 央 展 -Hiroi Hanaoka Solo Exhibition-

花岡 央 展 -Hiroi Hanaoka Solo Exhibition-2020.6.20(土)- 6.28(日)12:00-19:00(最終日は18時閉店となります。)@wad+ 岡山県備前市に吹きガラス工房 HIROY GLASS STUDIO を主宰する花岡さん。「洋服を選ぶようにうつわを選ぶ」、暮らしの様々なシーンに寄り添うガラスのうつわをつくられています。 毎年wadでは個展を開催していますが、今回は一点物のピッチャーや定番のグラス、コップなどが並びます。夏に向けておうちで涼やかに過ごせるガラス器をゆっくりご覧いただけます。   今回はサポート作家としてフレル木工さんにもご参加いただきます。 花岡さんと同じく岡山の自然豊かな粟倉村にアトリエをかまえ、カトラリーや器を中心とした木製小物をひとつひとつ削りだして製作されています。 ガラスと木工の愉しいコントラストをお楽しみください。    店主小林剛人   また本展示はwebページでも同時開催いたします。     Hiroi Hanaoka Solo Exhibition June 20th (Sat), 2020 - June 28th (Sun), 2020 Exhibit site : wad+   Opening Time : 12:00-19:00 (Exhibition will close at 18:00 on the last day.)    Mr. Hanaoka who presides over “HIROY GLASS STUDIO” for blown glasses at Bizen city, Okayama prefecture.  “Choose dishes like choosing clothes”, he creates glass works which are suitable for various scenes of living life.  Hiroi Hanaoka Solo Exhibition is held at Wad every year, however...

Read more →


Han Yun Liang -the end and the beginning-展

Han Yun Liang -the end and the beginning-展

Han Yun Liang -the end and the beginning-展 2020.6.6(土)〜6.14(日)12:00-19:00(最終日は18時閉店となります。)@wad+ 今年の春のはじめ、Han Yun Liangと共に彼女の散歩道である高知の谷相の山の中に一緒に入り、美しく静かな1日を過ごしました。植物を見て、土を触り、動物の白骨と出逢ったり。自然の強さとエネルギーを感じました。 コロナウィルスの暗いニュースばかりの時期だったので、とても自分にとってリラックスでき、ハンさんを深く知れた一日でもありました。 今回初個展となるHan Yun Liangは台湾人の作家です。世界中を転々とし、様々な活動をする中で今は高知県の谷相で作陶されている小野哲平氏の元で土を触ったり絵を描いたり創作しています。 彼女の表現する作品には生死観があり実際の幼少期の経験が創作のテーマになっています。生きているのか?夢の中なのか?死んだらどうなるのか?様々な想いが交差し、作品が作られていきます。 谷相にきて散歩道で出会った動物の骨や、死骸。いつしか骨と土を合わせた作品を作り出すようになります。昔ペットが死んだ時に誰から教わるでもなく土に埋めて目印に木を立て、自分とペットの気持ちを癒した感覚で、山で拾った特別な感情の無い無関係の死に対し命の証とその後の成仏を願う気持ちで作り始めた作品。  作品そのものから出る儚さや脆さも私には”命”と重ねて見えてきます。 wad店主 小林剛人 Walking with Han Yun Liang on her strolling path in the mountain at Taniai, Kochi, I had a tranquil and beautiful day in this early spring. We saw plants, touched the soil, and met animal bones on the way. I felt the sense of energy in Nature. It was not like the dark news about coronavirus these days, to me, this experience was relaxing. It was also a day to know Ms. Han on a deeper level. This is Han Yun...

Read more →

console.log("blog");