安永正臣

Artist Profile

一般的にやきものは土で形成し窯で焼成して制作しますが、
安永正臣さんの作品は釉薬や、ガラスを使い形を形成し、砂や山土の中に埋めて焼成して作られます。
そうすることにより、ガラス状で光をうっすら透す作品や、
纏ったものを剥がし器の骨格だけを残した出土品の様な風化した雰囲気の作品が生まれます。

安永さんと出会って10年。
今でも忘れませんがこの制作技法に取り組み始めた時の作品は
手のひらに収まるほど小さなものでした。

何年もの試行錯誤の結果、今では一人で持つのは大変なほどの大きく魅力的な作品を
作る事も可能になり、更なる表現の可能性が広がり様々なギャラリーから注目が集まっています。

Collection


console.log("collection");