小野象平

Artist Profile


作家として駆け出しの当初、技術を積み重ねる日常の器の制作と、
食器という決まりのある仕事だけでは満たされない感情を
原土を使ったオブジェとして表現する制作のふたつの異なる心、技の展示をしてきました。

今では日常の食器で人の心を揺さぶる作家にまで成長した小野象平さん。

wad+での展示では初心を忘れない意味でも初個展をした時と同様に
ふたつの表現を用いた作品を毎年出品します。

原土に錆をかけたオブジェシリーズと灰釉を施した食器類。
相反する作品を高知県香美市にて作り続けています。

collection roomでは主に錆をかけたオブジェを取り扱っています。

 

Collection


console.log("collection");