Han Yun Liang

Artist Profile

 

Han Yun Liangは台湾人の作家です。
世界中を転々とし、様々な活動をする中で今は高知県の谷相にて
作陶されている小野哲平氏の元で土を触ったり絵を描いたり創作しています。

彼女の表現する作品には生死観があり実際の幼少期の経験が創作のテーマになっています。
生きているのか?夢の中なのか?死んだらどうなるのか?
様々な想いが交差し、作品が作られていきます。

谷相にきて散歩道で出会った動物の骨や、死骸。
いつしか骨と土を合わせた作品を作り出すようになります。
昔ペットが死んだ時に誰から教わるでもなく土に埋めて目印に木を立て、
自分とペットの気持ちを癒した感覚で、山で拾った特別な感情の無い
無関係の死に対し命の証とその後の成仏を願う気持ちで作り始めた作品。 
作品そのものから出る儚さや脆さも私には”命”と重ねて見えてきます。

Collection


console.log("collection");